lapain's blog

”私だけのスペシャルなパン”を目指した自家製酵母種とホシノ酵母のパン作り教室

オスロ市内観光 3日目

エドヴァルド・ムンク「叫び」を描いた丘へ
1863年12月12日生まれ。「叫び」は全部で4枚。
「叫び」は幻覚がモチーフになっているのだそう。痛ましい人生がそうさせたのでしょう。

国立美術館ムンク「叫び」の1枚を鑑賞。生誕150年記念の展示になっていて 額なしの展示でした。S19年1月80歳で亡くなったそうです。

美術館前のカフェでディニシッュを購入。ノルエーは知る人ぞ知るコーヒー大国だそう〜スタバのようなお店です。


ノルエーのコンビニ?ここではシナモンロールを購入。


カスクルートのようなサンドが美味しそう!下の段のパンは何だったのかな〜



ヴィーゲラン公園
彫刻家グスタフ・ヴィーゲランがオスロ市から依頼されて212点の作品を20年かけて造ったそう〜広大な芝生が綺麗な公園が屋外美術館のようでした。しかし暑かった!
先の見えない所からず〜っと歩いて来たんですよ〜この裏も公園です。
オスロ市のシンボル


毎年12月10日にノーベル平和賞の授賞式を開催する市庁舎前のレストランで中華?の昼食後、フィヨルドに向けて出発!


大自然の中を走っていきます。